マジックソープ ドクターブロナー日本公式サイト

ドクターブロナー FAIR TRAE PROJECT フェアトレードプロジェクト

FAIR TRADE PROJECT

フェアトレード

世界中と笑顔でつながり続けるために

ドクターブロナーには、農薬や化学肥料を使わない持続可能な農業を支援したいという想いがありました。それを実現するために、ドクターブロナー製品の原材料はフェアトレードプロジェクトを通じて調達しています。これにより生産者と公正な取引が行われ、生産者の健全な労働条件を約束しています。また、原材料を生産するとき、合成洗浄料や強力な化学薬品は使用しません。自然を守りながら育てたものが製品になっています。

ドクターブロナーはフェアトレードに
5つのガイドラインを定めています。

  • 公正な価格

    農家の収穫に対し公正で安定した価格を支払うこと

  • 公正な労働環境

    生産者に対し安全な職場環境・公正な報酬・昇進の機会を提供すること

  • トレーニング

    農家に堆肥のつくり方を指導し、生産性向上のための技術を伝えること

  • 環境の持続可能性

    有機農業を実践し、健康的な土壌をつくること

  • フェアトレードファンド

    農家の製品価格の10%を奨励金として地域開発に支払うこと

BRAZIL SRILANKA GHANA SAMOA INDIA PALESTINE ISRAEL ECUADOR SOUTH AFRICA
スリランカガーナサモアインドパレスチナイスラエルブラジルエクアドル
★ドクターブロナー系列会社
FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.01
スリランカ
SRI LANKA
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト スリランカのココナッツオイル
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト スリランカのココナッツオイル生産者

豊かな泡立ちと肌のコンディションを整える
ココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココヤシの果実から得られる種子オイルで、マジックソープやマジックソープバーの主要な成分の1つです。泡立ちのバランスを取り、ラウリン酸を豊富を含み、肌のコンディションを整えてくれます。

津波によって破壊された都市を
ココナッツの有機栽培で再建

2004年のスマトラ島沖地震で起こった大津波は、スリランカに壊滅的な被害を与えました。ドクターブロナーは震災後の産業再建に尽力する中で、オーガニック・フェアトレード・ココナッツオイルプロジェクトを通じて姉妹会社セレンディポール社を設立しました。 2016年には1,260人以上の契約農家、2万エーカーの農地、年間3,000万個のココナッツを生産する一大プロジェクトへと成長し、約300名の従業員は業界では珍しい好待遇の労働条件と報酬、自己啓発・専門技術開発の機会を得られています。

廃棄物が出ない工場と生活環境の向上

セレンディポール社のココナッツオイル工場からは、一般的な包装廃棄物を除けば、一切の廃棄物が出ません。 なぜなら、ココナッツオイルの生産時に生まれる副産物を様々な形で活用しているためです。 ココナッツの外皮はロープやドアマット・砂防の繊維として加工され、殻は火力発電のための原料になったり、木炭や活性炭製造のために販売されます。種子は動物用飼料や食品加工のために販売され、ココナッツウォーターの一部は地元の輸出業者に売られます。残りの部分はバイオ処理され、会社の庭を潤す水として利用されます。 また、ドクターブロナーや他の顧客が支払ったフェアトレードによる割増金は、堆肥事業、重要な医療機器の購入、学校校舎の改修や恵まれない青少年への職業訓練、貯水池の回復、地方の村々をつなぐ橋や道路、電線などの重要なインフラ設備投資の財源になっています。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.02
ガーナ
GHANA
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト ガーナのパーム油
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト ガーナのパーム油生産者

ソープバーの使いやすい固さを叶えるパーム油

パーム油は、アブラヤシの果実から得られる種子オイルで、マジックソープバーの主要な成分の1つです。ソープバーのもうひとつの主要成分ココナッツオイルがもたらす柔らかさをそのままに、浴室などでも柔らかくなりすぎないように硬さを保つ重要な役割を果たしています。

有機栽培の農園と女性の雇用を生み出す
フェアトレード・オーガニックパームオイルプロジェクト

東南アジアでの供給が主流であるパーム油。 一方で、アブラヤシの大規模生産工場が急速に拡大し、大規模な環境悪化や社会的貧困を引き起こしてしまいました。 「森林破壊を伴わず、重要な生態系を危険にさらさない新たなパーム油の供給源が必要である」と考えたドクターブロナーは、ガーナ東部のパートナーを2006年に発見し、姉妹会社セレンディパーム社を設立。地元の小規模農家を集めて有機農法への転換を促してきました。 その結果、2008年のパーム油の生産以来、セレンディパーム社は世界最大のフェアトレード・オーガニックパームオイルプロジェクトに成長しました。それまで手に職のない女性が信頼性のある仕事に就けなかった地域に約200人の雇用を生み出すまでになりました。

パーム油の取引から、社会そのものも豊かに

フェアトレード・オーガニックパームオイルプロジェクトに参加している農家には、公正な取引価格に加え、有機栽培に対する割増金が支払われます。 また、ドクターブロナーは、土壌の肥沃度を上げるために有機肥料の提供や収益性向上のための農業訓練を行い、同時に生産性の高いアブラヤシの苗木購入のための無利子の融資を提供しています。ドクターブロナーや他の顧客が支払ったフェアトレードによる割増金は、水道設備や公衆トイレの設置、産科病棟・保育園・歩道橋・電灯の建設や学校用品の購入、マラリアから身を守るための蚊帳の購入、村での植樹運動グリーンアイランドなどに使われています。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.03
サモア
SAMOA
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト サモアのココナッツオイル
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト サモアのココナッツオイル生産者

豊かな泡立ちと肌のコンディションを整える
ココナッツオイル

ココナッツオイルは、ココヤシの果実から得られる種子オイルで、マジックソープやマジックソープバーの主要な成分の一つです。 泡立ちのバランスを取り、豊富なラウリン酸が肌のコンディションを整えてくれます。

衰退していたココナッツ産業を再建

西サモアで栄えていたココナッツ産業は、1990年代以降、国内で未回収になってしまうココナッツが出るまでに衰退してしまっていました。ドクターブロナーは、ココナッツの実を粉砕・乾燥させて得られる地元の伝統的なココナッツオイルであるコプラ油の生産者と、2016年に系列会社セレンディココ・サモア社を設立。オーガニックコプラ油の適正な価格での流通を開始しました。2017年には1,000を超えるオーガニックココナッツ栽培の小規模生産者が集うまでになり、セレンディ・ココ・サモア社がオーガニックコプラ油の適正価格を見直して以来、生産者たちの関心の高まりとともにオーガニックコプラ油の生産が急速に始まっていきました。セレンディ・ココ・サモア社はコプラ油の小規模な精製工場を設営し、オーガニックコプラ油の生産と輸出・フェアトレードを行っています。

ダイナミック・アグロフォレストリーで産業も
生活も土壌も豊かに

サモアの人口約15万人と、国外からの寄金に頼っているサモアの国状を鑑みると、このプロジェクトは国内で生産される大半のココナッツをフェアトレードとオーガニック栽培に移行させるだけではなく、国の経済に大きく有益な影響を与える可能性を秘めています。このプロジェクトのポイントは、サモアのココナッツ生産者の高齢化と生産力の低下です 。2016年以来、セレンディ・ココ・サモアは、政府機関や国際的な寄付者、アグロフォレストリーという農林複合経営の専門家と複合林の概念に基づいた植林計画を始めました。彼らとスタートしたダイナミック・アグロフォレストリーは、ココナッツ・ココア・果物・材木用の樹木を複合的に植樹するというものです。そうすることで、土地の生産性と生物多様性や、干ばつや浸食に対する土壌の対応力、食料の安定的な供給力が総合的に向上します。また、かつての2大輸出産業であったココナッツオイルとココアの生産業再建に役立つだけでなく、植林計画によって大気中の炭素分解、土壌改善にも役立ちます。この挑戦的なプログラムによって、ココナッツ耕作に適した大地がサモアに広がり、牛が草を食むようなピュアな土壌に再生する可能性があります。最終的にはフェアトレード基金によって、若者の雇用や、たとえ離れた村であっても教育と健康管理の問題にも取り組むことができるようになるでしょう。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.04
インド
INDIA
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト インドのミントオイル
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト インドのミントオイル生産者

気分をリフレッシュする清涼感のあるミントの香り

ミント油はドクターブロナーが最もよく使用しているエッセンシャルオイルです。ミント油の清涼感はドクターブロナーのマジックソープペパーミントとオールワントゥースペーストに爽やかさを与えてくれます。

枯渇した土壌から有機物のある土壌へ

ドクターブロナーが使用しているミント油は、2004年以来、インドの首都デリーから約400km東のウッタル・プラデーシュ州でオーガニック認証取得に向けて有機栽培へ切り替えた700名以上の小規模農家によって編成されているプロジェクトを通じて調達しています。このプロジェクトは元々イギリスのパートナー企業であるアースオイル社によって運営されていましたが、2013年にドクターブロナーの系列会社のセレンディメンサ社が引き継ぎ、さらに2015年に熱意ある農業エンジニアのパートナーに引き継がれました。ウッタル・プラデーシュ州の2エーカー未満の小さな畑では、毎年2~3種類の異なる作物を順番に耕作することが当たり前になっていました。その結果、数十年の間、化学肥料の使用や頻繁な耕作が続けられ、土壌は枯渇し、有機物がほとんど含まれていない農地になってしまったのです。ドクターブロナーがパートナーと共有している唯一の目標は、堆肥の供給やカバークロップなどの保護耕作を通じて土壌を再生させることです。

堆肥と間作の工夫で豊かな土壌へ

土壌改良のための方法として、落葉・茎葉などを堆積腐熟させた堆肥コンポストを使用しています。それまで使用していたミミズによるバーミコンポストから、乳酸菌によるコンポストプラントに切り替えることで土壌の炭素含有量を急速に増加できるようになりました。炭素含有量の増加は土壌を肥沃にし、不安定になってしまっている水の供給の影響を受けにくくします。また、ミント栽培の合間にマメ科の植物を間作することで、土壌の窒素含有量が自然に増加します。果樹や日除けのための樹木、天然の防虫剤であるニームのような有益な樹木などの大規模な植栽プログラムも進行中です。これらの活動はフェアトレードの割増金によって行われており、2015年以降、多くの農家へのトイレ設置、清潔な公衆飲料水用ポンプ、医療施設の設置にも資金を提供しています。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.05
パレスチナ
PALESTINE
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト パレスチナのオリーブ油
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト パレスチナのオリーブ油生産者

肌の乾燥や荒れを防ぎ、柔らかな泡立ちを
もたらすオリーブ油

ドクターブロナーのマジックソープとマジックソープバーの主な原材料です。なめらかで柔らかな泡立ちをもたらし、肌の乾燥や荒れを防いでしっとりとつややかな肌に導きます。

パレスチナとイスラエルの平和を願い栽培する
オーガニックオリーブ油

ユダヤ人の祖先への敬意と平和的共存を求めるオールワンビジョンを胸に、ドクターブロナーのオリーブ油は、聖地つまりパレスチナとイスラエルの両方の農家から供給されています。 2006年後半より、パレスチナ西岸の街ジェニン近郊にパレスチナ人が設立したカナン・フェアトレード社からドクターブロナーのオリーブ油全体の90%の調達をはじめました。彼らはイスラエルとの平和的共存を推し進めながら、ヨーロッパの顧客とのフェアトレードを通じてオリーブ生産者の経済状況の改善を目指しました。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.06
イスラエル
ISRAEL
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト イスラエルのオリーブオイル
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト イスラエルのオリーブオイル生産者

肌の乾燥や荒れを防ぎ、
柔らかな泡立ちをもたらすオリーブ油

ドクターブロナーのマジックソープとマジックソープバーの主な原材料です。なめらかで柔らかな泡立ちをもたらし、肌の乾燥や荒れを防いでしっとりとつややかな肌に導きます。

女性が活躍できる農業を支援する

ドクターブロナーが使用するオリーブ油の10%はイスラエル産です。イスラエルのユダヤ人女性とアラブ人女性が運営するフェアトレード組織であるシンディヤンナは、アラブとイスラエルの農家や労働者を支援しています。彼らは、オーガニックオリーブ油生産の始祖の家系であるユダヤ系イスラエル人のシュトラウス家からオリーブ油を調達しています。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.07
ケニア(南アフリカ)
KENYA
SOUTH AFRICA
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト ケニアのティートゥリーオイル
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト ケニアのティートゥリーオイル生産者

清涼感のある香りで肌トラブルをケアするティートゥリー

杉やひのきのようなスッとした清涼感のある香りが特徴で、マジックソープやマジックソープバーの香りに使用されています。 肌荒れを防いで、肌をすこやかに保ちます。

正しい労働環境で働くことができる精油蒸留所

ドクターブロナーのティートゥリーオイルは、ナイロビ北部の赤道直下、ケニア山のふもとで有機栽培し、2005年にイギリスのパートナー企業、アースオイル社が開始したプロジェクトとのフェアトレードで調達しています。アースオイル社のプロジェクトは、現在500人以上の生産者が参加しており、ケニア・オーガニックオイル・ファーマーズ・アソシエーション(KOOFA)として組織化されています。アースオイル社は、ティートゥリーの小枝や葉を購入し、ケニア山にほど近い街ナンユキの施設で蒸気蒸留を行い、精油を抽出しています。 この施設の従業員たちはこの地域では珍しい公正で安全な環境で労働することができています。

教育環境とコミュニティ力を高めるための投資へ

ティートリーの生産者はフェアトレードによる適正な価格に加えて、有機栽培による10%の割増金を受け取ることができます。 その資金をコミュニティのためにどのように使用するかは、生産者の代表によって編成された委員会で話し合いの上、決定されています。 このフェアトレードによる年間の割増金総額はまだ控えめな額ではありますが、フェアトレード委員会はとても貧しい家庭の7人の子供たちに、中学4年間の全学費を援助することに加え、小さな図書館やインターネットが使えるコンピューターのあるコミュニティ・ホールを建設するために1エーカー区画の土地を購入しました。そのホールは委員会活動のための収益を生み出すように貸し出される予定です。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.08
ブラジル
BRAZIL
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト ブラジルの砂糖
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト ブラジルの砂糖生産者

ソープの個性を際立たせる砂糖(スクロース)

ドクターブロナーのシュガーソープに配合されている砂糖は、食品基準で、豊かなキャラメル色と、甘い香りをソープに与えます。 また、砂糖そのものの効果として、高い保水力・保湿力があり、肌の水分を保ちなめらかにします。

世界最大の持続可能な農業プロジェクトからの原材料調達

ドクターブロナーのシュガーソープに配合されている砂糖は、世界最大の持続可能な農業プロジェクトの1つであるブラジルのネイティブグリーンケーンプロジェクトから調達しています。

焼き畑をせず、大地にやさしい栽培方法を

ネイティブグリーンケーンプロジェクトで管理されているサトウキビは、除草剤や合成肥料を使用したり、焼畑されていません。また、従業員に安全な労働条件と医療支援を提供する一方で、生産者に彼らの作物に対して適正な価格を支払います。

FAIR TRADE PROJECT
フェアトレードプロジェクトNo.09
エクアドル
ECUADOR
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト エクアドルのパーム核油
ドクターブロナー フェアトレードプロジェクト エクアドルのパーム核油生産者

ソープの豊かな泡立ちをもたらすパーム核油

パーム油がアブラヤシの果肉部から得られるオイルであるのに対し、パーム核油はアブラヤシの果実の種子を直接包んでいる部分の核から得られるオイルです。ドクターブロナーのマジックソープに豊かな泡立ちをもたらしています。

持続可能な栽培を行う生産者との協働

パーム核油やパーム油のもととなるアブラヤシは、土地や地域社会の持続性を考えずに多量に栽培されてしまうことが多いことも事実です。そこでドクターブロナーは、ナチュラル・ハビタス社と協力し、アブラヤシの持続可能な栽培を行っているエクアドルの家族農家からフェアトレードを通じてオーガニックパーム核油を調達しています。

生産者だけでなく、その土地に住む人々も
支えるフェアトレードを

ナチュラル・ハビタス社は土地とそこに住む人々を支える環境の整備と、生産者や労働者の経済的・社会的利益を保証する、参加型の生産モデルの開発に取り組んでいます。 ドクターブロナーの姉妹会社であるセレンディポール社やセレンディパーム社と同じように、ナチュラル・ハビタス社は世界で最も取得の難しいフェアトレード認証であるスイスのオーガニック認証機関IMOのFair for Life認証を受けています。

TOPへ戻る