マジックソープ ドクターブロナー日本公式サイト

ドクターブロナーと一緒にサーフィンを楽しもう!-ウェットスーツ編-

The best surfer out there is the one having the most fun.” – Phil Edwards
「最も優れたサーファーは、最もサーフィンを楽しんでいるサーファーだ」―フィル・エドワーズ

カリフォルニアノース・サンディエゴ郡の何マイルも続くワールドクラスのサーフィンスポットのそばに本社があるドクターブロナー。サーフライフを楽しむための使い方を提案していきます。
 
サーフィンを頻繁に楽しむ方や長年サーフィンをしてきた方なら、サーファーたちを悩ませ、日常生活を不快にするいくつかのケースに共感してもらえると思います。ドクターブロナー製品は外耳炎などの病気や捻挫、クラゲに刺された場合などの症状を改善することはできませんが(私たちが知る範囲では!)、多くのサーファーが感じている、いくつかの不快なシーンの役に立つことができます。

■長持ちさせたい!サーフィンの必需品「ウェットスーツ」

「滅多に洗わない」「むしろ、洗いたくない!」という声も聞こえる、サーフィンの必需品ウェットスーツ。
サーファーの大半がしている「セッションの後にウェットスーツに水をかけ、吊り下げて乾燥させる」というステップはとても重要で、これだけは毎回行っている、という方も多いのではないでしょうか?
しかし残念なことに、ウェットスーツの良い状態や形をキープするためにはこのステップだけでは不十分です。

ウェットスーツの状態を左右するのは、ウェットスーツに付着した塩。
水ですすぐだけでは、細部やスーツのヒビに入り込んだ塩の成分を完全に洗い流すことができず、最終的に塩分が部分的に残り、蓄積することで、スーツを傷め、スーツの寿命を縮めてしまいます。
 
また、サーフィンを楽しんでいる海そのものも、本来あるべき「汚染のない海」ではないことも事実です。例えば、多くの市区町村は、雨水を直接海に流していますが、自然の恵みである雨も環境汚染によって汚れてしまっています。雨が降った後の海には、雨水に含まれる体に有害な微生物がたくさん漂っているのです。
石けんでスーツを洗うことで、確実に塩を落とすと同時に、微生物の付着を防ぐことができます。

■ウェットスーツを長持ちさせるために、石けんで洗おう!

もっとも簡単なウェットスーツの洗い方は、バケツやバスタブを使った浸けおき洗いです。簡単にステップをご紹介します。
 
STEP1. バケツやバスタブにウェットスーツが浸るくらいの水を溜める
※スーツの劣化を防ぐため、温水や熱湯はさけてください。

STEP2. ドクターブロナーのマジックソープを30mL程度(1~2回ボトルを押す)入れ、よくかき混ぜる

STEP3. 2にウェットスーツが浸るように入れ、1~2時間浸ける

STEP4. ウェットスーツを取り出し、水でよくすすぎ、吊るして乾かす

サーフボードに続いて大切なギアであるウェットスーツもメンテナンスを定期的に行うことで、長く愛用することができます。
 
次回は、サーファーを悩ます”ヒリヒリ”の対処について紹介します。
お楽しみに!

TOPへ戻る