マジックソープ ドクターブロナー日本公式サイト

ONLINE STORE

100%ナチュラルなトゥースペーストで「正しい歯みがき」を

あなたは笑顔に自信がありますか? 笑顔をより素敵に演出するのは、清潔な白い歯。「正しい歯みがき」で歯を白く清潔にすることは、あなたの笑顔を魅力的に見せるだけではなく、虫歯や口臭の予防にもつながります。

Topics
1.意外と知らない自分の口内環境
2.虫歯ができる原因は?
3.口の中を清潔に保ちたい 2つの「要注意」タイム
4.健やかな白い歯の近道「正しい歯みがき」
5.口の中に使うトゥースペーストにはこだわりの原材料を


1.意外と知らない自分の口内環境

「食べ終わったら歯を磨きましょう」
「寝る前にちゃんと歯を磨いた?」
こう言われて育った方も多いのではないでしょうか。幼い頃はお小言にしか聞こえなかった言葉には、ちゃんと意味があったのです。
 
口内環境は、食後や就寝中など生活のタイミングによって変化します。時にそれは歯にとって望ましくない環境になることも。だからこそ、状況に合わせたケアを行うことが大切です。今回は、一日の中で特に気をつけたい2つのタイミングに注目しながら、「正しい歯みがき」について学んでいきましょう。


2.虫歯ができる原因は?

虫歯は、口の中に生息する細菌が原因で引き起こされます。
 
歯の表面や歯茎との境目がネバネバすると感じることはありませんか?それこそが、細菌のかたまり「プラーク」です。たった1mgのプラークに1億個もの細菌が存在すると言われています。
 
プラークを住処にする細菌が食べ物の糖分をエサに酸を作り出し、歯のカルシウムを溶かし始めます。それが進行して歯に穴が開いた状態が「虫歯」です。
 
また、プラークは硫化水素やメチルメルカプタンといった臭いの強いガスを発生させるので、口臭の原因にもなります。
 
プラークは、歯の表面にしっかり付着して水に溶けないので、うがいだけでは除去ができません。歯ブラシを使った毎日の「正しい歯みがき」でこすり落とすことが重要になります。


3.口の中を清潔に保ちたい 2つの「要注意」タイム

■ 食事の後
 
毎日何気なく済ませている食事の中で、「かみ砕く」、「かみ切る」など歯はひたむきに大活躍しています。歯と歯の間に食べ物(食べかす)が詰まってしまうのは、やむを得ないこと。しかし、それをそのままにしておくのは厳禁です! 先程も述べた通り、食べかすに含まれる糖分をエサに、プラーク内の細菌が増殖し酸を作り出していくので、歯の表面を覆うエナメル質を溶かす酸性に口の中が傾いてしまうのです。
 
食後すぐに歯みがきをしたいところですが、一つ注意してください。口の中は、食後30分から1時間で本来の中性の状態に戻っていきます。まだ酸性に傾いている時に歯を強くブラッシングすると、歯のエナメル質を傷つけてしまう可能性があるのです。歯みがきの前に口の中を水でよくすすぎ、作り出された酸を洗い流してから歯ブラシを使用しましょう。
 
■ 寝ている間
 
乾燥による口の中に潜む細菌の増加は、虫歯や口臭の原因です。それを防ぐために重要な役割を担っているのが、口内環境を健やかに保つ唾液。酸性に傾いた口の中を中和するとともに、悪い細菌が体内に入り込まないように唾液に含まれる抗菌物質が細菌と闘っています。
 
就寝中は、唾液の分泌量が日中よりも半分程度に減少してしまうため、口の中の細菌が増えやすくなります。いびきをかきやすい人や寝ている間に口呼吸になりやすい人は、口の中が乾燥しやすくなるため一層の注意が必要です。
 
ベッドに入る前に歯みがきをするのはもちろんですが、就寝中に増殖した細菌を洗い流すためにも起床したらまず水でうがいをしましょう。それから、丁寧に歯みがきをするのがおすすめです。


4.健やかな白い歯の近道「正しい歯みがき」

虫歯や口臭を防いで、白い歯をキープするためには口内環境をいつも清潔にしておくことが大切。「正しい歯みがき」をマスターして、プラークが気にならない白くて健康な歯を目指しましょう。
 
1.歯ブラシはペンを持つように軽く持ちます。歯みがき粉は1㎝ほどの量で十分です。

 
 
2.イラスト<1>にある①~⑧の順番に、奥歯から一本ずつみがくイメージでブラッシングをしていきます。歯と歯の間や裏側もしっかり丁寧に。

【ここでワンポイント!】歯ブラシを当てる角度
歯に密着させるよう垂直に歯ブラシを当て、エナメル質が傷つくのを避けるため、力を入れ過ぎずにブラッシングをしてください(イラスト<2>)。歯と歯茎の境目は45度くらい角度をつけて、一番奥の歯の後ろ側も歯ブラシの先端の毛を使ってみがきます。

歯ブラシの毛先を歯に対して垂直に
 
 
【ここでワンポイント!】ブラッシング時間の目安
一本あたり10~20秒を意識してください。一般的に歯の総数は28~32本なので、トータルのブラッシング時間は5~10分くらいです。時間をかけ過ぎると逆にエナメル質を傷つけてしまう可能性があるので、10分くらいにとどめておくとよいでしょう。
 
 
3.すべての歯をみがきが終わったら、ブクブクとうがいをして、口の中の歯みがき粉をしっかりすすぎましょう。


5.口の中に使うトゥースペーストにはこだわりの原材料を

ドクターブロナー オールワントゥースペーストは、オーガニックココナッツオイル(ヤシ油: 湿潤剤)をベースにした石けん成分の歯みがきです。毎日口の中に使うものなので、無農薬有機栽培の原材料にこだわり、お子さまから大人まで家族全員で心地よく使用していただけます。

ココナッツをはじめとしたオーガニック原材料で作られた、ナチュラルな歯みがき粉を用いた「正しい歯みがき」は、自然な白さの健康的な歯へと導きます。2種類の爽やかなフレーバーから、今のあなたの気分に合ったものをお選びください。

PEPPERMINT
ペパーミント

 
シャープで爽快なペパーミントの香り

SPEARMINT
スペアミント

 
マイルドですっきりとしたスペアミントの香り

歯の健康は口の中にとどまらず、食生活や社会生活に影響をおよぼし、体調にもつながります。その上、永久歯は一度失うと、二度と取り戻せません。素敵な笑顔が溢れる、ウェルビーイングな毎日を過ごすためにも「正しい歯みがき」で健やかな白い歯をキープするように日々心がけましょう。

TOPへ戻る